「玄通」とは?

 「玄通」とは『老子道徳経』第十五章にある言葉です。

古之善爲士者 微妙玄通 深不可識
夫唯不可識 故強爲之容
豫兮若冬渉川 猶兮若畏四隣
儼兮其若客 渙兮若氷之將釋
敦兮其若樸 曠兮其若谷 混兮其若濁
孰能濁以靜之徐清 能安以動之徐生
保此道者 不欲盈
夫唯不盈 故能敝而新成

古のよく人を導く者は微かな妙なる「玄」に通じ、その深さは、はかりしれなかった。
そのはかりしれないものを強いてイメージすると、
その慎重さは冬の川を渡るごとく、思慮深さは四方を恐れるごとく、
折り目正しさは客として招かれたごとく、こだわりのなさは氷が溶けるがごとく、
純朴さは手付かずの原木のごとく、心の広さは谷のごとく、
複雑であることは底が見えない濁り水のごとくである。
誰がこの濁りを静めて澄ませることができるだろうか?
誰がこの安息を動かして生気を与えられるだろうか?
この「道」を体得したものは、満ちることを欲しない。
ただ満ちずにおればこそ、古い殻をやぶって新しくなることができるのだ。

 「玄」とは同じく『老子道徳経』の第一章によれば「天地の始めたる“無”と、万物の母である“有”が出たところ」つまり天地万物を生み出した根本であり、陰陽論に置き換えれば、陰陽太極を生み出した無極であるともいえるでしょう。

 その「玄」に通ずるということは、天地万物を生み出す根本原理を体得するということを意味します。

 当院の屋号を玄通堂としたのは、陰陽五行の理論をもとに作られている鍼灸医療を極めることで、玄に通じるまでになりたいと願ってのことです。

 と患者さんに説明したらかっこいいだろうな、という非常に浅墓な理由によって玄通堂という屋号になりました。

 「“げんつう”というと痛みを減らすというようにも聞こえるからいいのではないか」と知人に指摘されましたが、そう言われるまで気がつきませんでした。