暗示で効くなら苦労はない

 プラセボ効果というのがあります。プラシーボ効果と言われることもあります。マンガなどで聞きかじった人はプラシーボ効果と言うことが多いようです。これは、まったく薬として効果がないものを、薬だと信じさせて服用させると、薬としての効果が出ると説明されます。要するに暗示が本来ありえない効果をあらわすといわけです。

 ただ、実際にはフィクションで聞きかじった人が思い込んでいるほどの効果は出ません。だからこそ、新薬の効果を確かめるための二重盲検に用いられているのです。二重盲検では、プラセボ、つまり偽薬と本物の薬をどちらがどちらか分からないように治験者に飲ませ、効果が出るかどうかを調べます。当然プラセボではほとんど変化が出ず、本物の薬で出た変化との差から、その薬にきちんと効果があるのだと分かるのです。

 鍼治療の効果もこのプラセボ効果だという人がいます。私に言わせればただの妄言に過ぎませんが、世の中には鍼なんか絶対認めてやらないという人がいて、そういう人が言い張ってるんですね。

 たまに患者さんに「私は鍼を信じてますから」という方がいたりします。私は「別に信じなくてもいいですよ」と言うようにしています。

 信じなければ効果が出ないのは宗教の祈祷みたいなものです。治療というのはこちらを100%信じていない人でも効果を出せなければ意味がありません。まあ、心情的にはそんな人は治療したくありませんけれど、医療と言うのは信じる者しか救えないようなケツの穴の小さいものではありません。

 肩こり程度ならプラセボ効果でも楽になるかもしれません。でも半身不随の患者さんはプラセボ効果では杖なしで歩けるようにはなりません。

 プラセボ効果で何でも治るならこんな楽なことはありません。医学を勉強する必要もないし、きつい武術の鍛錬で功を練る必要もありません。そうではないから苦労して勉強したり鍛えたりしなければならないわけです。

 だから鍼の効果がプラセボ効果だと思う人は勝手に思ってればいいんですが、臨床の場は口先の屁理屈でどうにかなるほど簡単ではありませんので、この仕事をしている限りずっと勉強と鍛錬が続くわけです。