よくある質問への答え

Q:鍼は痛くありませんか?

A:「痛くない」といえばウソになります。

 鍼治療のときに患者さんに「痛み」として感じられると思われるものは2種類あります。一つは鍼が刺さるときに感じる「刺痛」。これは日本式の鍼ではほとんど感じることはありませんが、中国鍼の場合は鍼が太いためもあり、場所によって、又は患者さんの皮膚の状態によっては刺痛を感じてしまうことがあります。こちらの技量によって痛みを感じさせてしまうことが無いとも言いきれませんが、それについては、痛みを感じさせずに刺せるように日々研鑚しています。

 もう一つ、鍼が体内に入ったときに感じる電気が走ったり、ずんと重くなったりする感覚。これも患者さんによっては「痛み」と感じてしまうことがあります。こちらの場合は日本では「ひびき」中国では「得気」と呼ばれる鍼の正常な刺激です。「得気」という字のごとく、この刺激は鍼を刺した部分に気が流れたことを意味すると考えられています。だから中国ではこの得気を重視します。ただ、私の経験上、日本の患者さんはこの刺激が苦手という方が多いので、必ず必要という場合以外は「得気」がきつかった場合は我慢を強いることはせずにゆるめるようにしています。

 ハリを刺さない「無針バリ」についても、悪い部分は電気抵抗が大きくなるために痛みを感じる場合があります。逆に言うと、悪いところがあるから治療が必要となるので、ある程度の痛みを感じるのはやむをえないことと思ってください。

Q:鍼治療で肝炎・エイズに感染した話を聞いたのですが?

A:当院では中国鍼はその患者さんの専用鍼にし、治療するつどオートクレーブ(高圧滅菌機)で滅菌処理をして他の患者さんに使いまわすことは絶対にしませんので、鍼治療による二次感染はありえません。また、無針鍼は鍼を刺さずにツボの上に端子を触れるだけですので感染の心配は一切ありません。ご安心のうえ受診してください。

Q:副作用はありませんか?

A:鍼や灸の治療において、薬物服用時に見られるような副作用はありません。ただし、例えば本来冷やすべきものを灸であたためたりしてしまうと、症状を悪化させてしまうということはありえます。これは全て治療する側の技量の問題ですので、常に勉強の日々です。

 しかし、そういったこととは別に、治療した後に一時的にだるさや疲労を感じたりすることがあります。これは、それまで血行が滞っていた部分に急激に血が流れ込んだために起こるもので、副作用ではありません。血流が落ち着けばだるさや疲れが残ることはありません。

Q:鍼で肺に穴があくことがあるのですか?

A:誤って鍼を肺に刺してしまったために、患者さんに肺気胸を起こさせてしまったという事故は実際に起こっています。なぜそういった事故が起こってしまうのか?一言で言って、へたくそがへたな治療をしたからです。

 本来鍼は部位によって刺す角度を調整します。特に肺がある部位に刺す場合は、体に対して垂直に刺すのではなく、斜めに刺さねばならないのです。逆に言えば、最低それだけの基本的な知識と技術がありさえすれば、肺気胸など起こりようがないわけです。

 院長は10年以上の臨床経験で一度もそういった事故を起こしたことはありません。

Q:くせになってしまいませんか?

A:薬物を使うわけではありませんし、「鍼がくせになる」ツボなどという怪しげなものもありませんから、「依存症」という意味でのくせ・中毒というものには絶対になりません。

 ただし、何度か治療を受けて、体が楽になるということを体験すると、無意識のうちに治療を求めるということはあると思います。それは、治療がくせになったというよりは、体の不調を知らせるサインになっているということだと思われます。

Q:中国鍼と日本の鍼はどう違うのですか?

A:簡単に言うと、日本の鍼は細い管に鍼を入れ、とんとんと鍼の頭をたたいて先端を刺してから一定の深さに刺入れるのに対して、中国鍼は直接手で刺し入れるという技術的な点と、日本の鍼は細く、中国の鍼はやや太めという形態の違いです。

 中国鍼の長所は、太めの鍼で刺激が強いのと、手で直接刺すと細かい操作をできるため、治療効果が高いということ、日本の鍼の長所は、細い鍼を優しく打つので刺激がやわらかいということです。

 逆に短所は中国鍼は刺激がきついのでそれが痛みとして感じてしまうこと、日本の鍼は刺激の弱さと操作性の悪さのために治療効果が弱いということです。

Q:鍼でダイエットはできますか?

A:鍼治療も含め中国医学では体全体のバランスを整えることを重視します。だから、もし体重が落ちない理由が、体の何らかのバランスの崩れであった場合、それを改善することで適正な体重に戻る方向に向けることはできると思います。ただし、それはあくまで「補助」に過ぎません。ご本人の意思による食事の制限、運動なしで、鍼や耳ツボ療法のみでのダイエットは不可能だと思われます。